施術方法よる期間の違いについて

目元は人の印象を大きく左右する重要なポイントであり、日本人はぱっちりした大きな瞳に憧れを持つ傾向にあります。そのことから美容整形で二重を手に入れようとする人も増えており、美容整形の中でも二重まぶた施術は人気がありメジャーな施術です。施術を受けようと考えた時に気になるのは料金やリスク、効果ですがそれと同様に注目しておかなくてはならないのが、施術してから回復までの期間であるダウンタイムがどの程度の期間になるかです。二重まぶたへの整形は比較的簡単でリスクが低い方法となっていますが、一口に二重施術といっても様々な方法がありそれぞれ異なる点も多いです。施術から回復するまでの期間も施術方法による違いは大きいので、きちんと比較して判断するようにしましょう。二重まぶた施術で主流となっている埋没法は、糸を使う方法でありメスを使用しないので取れて元に戻ってしまう可能性がある点がデメリットですが、切らない分回復までの期間も短くなっておりすぐに日常生活に戻ることができるのが特徴です。切開法はメスを使用するので元に戻らず半永久的な効果ですが、切る分回復までに必要な期間は埋没法より長くなっています。個人差もありますが二週間ほどで、回復することが一般的です。

クリニックによる違いに注目しておく

ダウンタイムの期間がどの程度になるのかは個人差もありますが、クリニックによる期間の違いは大きく、腕が良く実績豊富な医師による施術は回復までの期間も短くなる傾向にあります。二重施術を行った後にもわからないことがあったり施術した部分に異変を感じた時にはクリニックに問い合わせたり、相談に行くようにするべきです。どんなに腕が良い医師による施術でも、人が行っている以上絶対ということはないことを頭においておきましょう。

ダウンタイム中のケアや過ごし方

術後は腫れたり内出血が起きますが、術後二、三日をピークにしてその後は徐々に腫れや内出血は引いていきます。切開法の場合には五日ほど経過した後に抜糸を行うことが一般的であり、抜糸した後には腫れや内出血は急激に目立たなくなります。個人差は当然ありますが、二週間ほどした後にはほとんどわからなくなる傾向にあります。少しでも早く回復させるためには、安静にすることが必須でありメイクをしすぎたりメイク落としや洗顔でこすらないように気をつけることや、清潔にしておくことが大切になってきます。血行をよくしすぎないようにしたり、時には冷やすことも必要です。

「#よだ形成外科クリニック」でTwitterからも治療情報を定期的にツイートしています。 美しい二重・目元を実現するためには3つの要素(診断力・センス力・技術力)が大切です。 プログラムによっては、自宅でもケアができるようなコースも用意されています。 よだ形成外科クリニックは、仙台市にあるクリニックで依田拓之が院長です。 二重まぶたの手術ならよだ形成外科クリニックへお任せ