自分に合った施術方法で理想の二重まぶたを手に入れよう

美容外科クリニックで施術を受けて悩みを解消しよう

年齢や性別を問わず、一重まぶたや奥二重のまぶたで目元にコンプレックスを抱えている人はたくさんいらっしゃいます。一重まぶたや奥二重のまぶたは、美容外科クリニックで適切な施術を受けることでコンプレックスや悩みを解消することが可能です。美容外科クリニックでは、様々な方法で二重のラインを作ってくれます。メスを使って行う外科的な施術だけではなく、メスを使わずに行う施術も行っているため、目元の状態や好みに合わせて施術法が選べます。美容外科クリニックでは、初診の際にドクターによるカウンセリングが行われ、ドクターが一人ひとりに合った適切な施術法を提案してくれます。カウンセリングでは悩みや要望をじっくりヒアリングした上で、悩みを解消するために最も適した方法を提案してくれますので、目元の悩みを抱えているときは気軽にカウンセリングを受けてみましょう。

埋没法ならメスを使わずに二重まぶたになれる

美容外科クリニックで行われる二重まぶたにする施術の中で、近年人気を集めているのが埋没法です。埋没法はメスを使わずに行う方法で、プチ整形の一つです。メスを使わずに専用の糸で留めて二重のラインを作ってくれるため、切開する施術に抵抗感を持っている人も安心してお任せできます。もちろん、カウンセリングの段階で、ドクターと一緒に自分に似合う二重の幅を決めることができます。豊富な経験を持つドクターが一人ひとりに似合う二重のラインをアドバイスしてくますから、満足のいく仕上がりが実現します。しかも、埋没法はメスで切開しないため、万が一仕上がりに満足できなくても元に戻すことが可能です。ちなみに、埋没法は糸で留めて二重のラインを作る施術法ですが、ナチュラルで戻りにくい施術法で対応してくれるため、施術を受けた後すぐに元に戻ってしまう心配がないのも嬉しい特徴です。

永続的な効果を希望しているときは切開法に注目

しっかりとした理想的な二重まぶたにしたい人には、やはり切開法が適しています。切開法はその名のとおりメスで切開して施術を行うため、永続的な二重のラインが実現します。しかも、切開法はまぶたに脂肪が多い人もハッキリとした美しい二重のラインを作ることが可能です。切開法を行うときも、あらかじめ入念にカウンセリングとシミュレーションが行われるため、自分に似合うバランスのよい二重まぶたに仕上げてもらえます。ちなみに、切開法はもちろんのこと、埋没法を受けるときも、ダウンタイムに関することを確認しておくことが大切です。特に切開法を受けた後は、腫れなどが出やすいと言われています。カウンセリングでは、ダウンタイムの過ごし方や注意点なども詳しく教えてもらえます。わからない点があるときはドクターに確認しておけば、施術後に不安を抱えることなく過ごせます。さらに、保証制度が充実しているクリニックを選べば、十分なアフターケアが受けられますし、もしものときに保証が受けられるので安心です。