二重まぶたの幅によって印象も様変わり

人それぞれ色々な形のまぶたがある

目は左右バラバラの二重であったり、片方だけが一重であったり、元々からパッチリ二重だというまぶたの持ち主もいるでしょう。もちろん、幅が違うだけでその印象は様変わりします。目が細く見えたり、小さく見えることもあれば、腫れぼったく見えてしまい、『むくんでる』ように言われたり、『眠たそう』に見られることも少なくないようです。一重であったり、片方だけ奥二重であったりすれば、アイメイクも映えにくいものです。アイメイクや整形した風に見せるアイテープなしでは『印象が薄い』とも指摘されることがあるようです。もちろん、キリッとした末広型ならば、モードやグラマラスといったステキな目元にも見えますから、プチ整形手術を受ける前に、アイメイクやアイグッズなどを使ってできることから始めてみましょう。

末広や平行などによって見た目が異なる

そもそもクッキリ、パッチリした二重まぶたには、末広型と平行型があります。目尻の幅が広い末広型は、いい意味でのっぺりした顔と相性がいいようです。目頭から徐々に広くなっていて純日本人といわれるのがこのタイプです。末広型はナチュラルでスッキリとした見た目で、いわゆる醤油顔とソース顔でいえば、サッパリとした醤油顔に似合うタイプだともいわれています。平行型は、幅も一定ですから、ヒダのない外国人のようなアイメイクをしたいのなら、断然平行型でしょう。ちなみに、二重まぶたの幅が狭くなれば、知的で大人っぽく、落ち着いた印象に見せられますし、広いとハーフっぽく見せることができます。典型的な日本人は、奥二重という目元が多いようです。一見すれば、眠たそうな、腫れぼったく見えるものの、いい意味ではクールビューティーです。

色んなアイテムやコスメを使ってみる

また、二重まぶたであっても幅によって見た目は異なりますが、アーモンドアイやキャットアイなどの目は、横幅を強調できるので、一重や奥二重に悩む人にはおすすめされる形です。縦幅より横幅が長く、目頭と目尻はシャープなラインで切れ長にアイラインを引くことにより、クールに見せることができます。アイラインの引き方をはじめ、アイカラーの選び方などによっても異なる見た目を作り出すことは可能です。腫れぼったく見えるなら、ブルーやピンクのアイカラーよりも、ブラウンやラメ入りアースカラーを選ぶのもありでしょう。アイテープなどは、汗や皮脂などで落ちやすくなるものの、最近の製品は機能的ですから、ウォータープルーフで、しっかりクッキリに見せてくれます。