個人が出来る税金対策
2017.06.28

電話アパート経営というのはアパートをその土地ごと購入して家賃収入を得るという不動産投資なんですが、アパート経営のメリットとしては不動産収益・家賃収入だけでなく「節税対策」「税金対策」にもなるという点があります。最近はサラリーマンの方で不動産投資をする人が増えているそうです。その理由がのひとつが「税金対策」ができるからという面があるでしょう。
不動産収益のためにアパートやマンションを賃貸経営するということは、個人事業をしているということになります。事業であるからには確定申告の義務が当然あるので、アパート経営やマンション経営をする人は、赤字・黒字に関わらず確定申告をしなければなりません。しかし、実はこれが節税対策・税金対策になります。この仕組みはどうなっているのでしょうか。
サラリーマンで毎月給料をもらう人は、そこに所得税と住民税がかかります。アパート経営やマンション経営などの賃貸経営をしていると、事業なので「経費計上」ができます。これは家賃収入に経費を引いた金額に、税金がかります。アパート経営やマンション経営の賃貸経営の経費である管理費用・固定資産税・修繕費・借入金利・減価償却費等を賃貸収入から省くと、税務上で赤字になる場合があり、このとき、アパート経営者やマンション経営者には税金がかからない仕組みがあるからです。また、その赤字分が給料から引かれるので、給料からアパート経営やマンション経営の赤字を引いた金額から税金がかかるということになります。
ということで、給料の所得税を節税することができてるわけです。これが不動産投資が税金対策・節税対策ができるシステムです。よく、お金持ちの人が賃貸マンションやアパート経営などの不動産投資をしていると聞いたことがないでしょうか?あれも、税金対策の場合が多いのではないでしょうか。
しかしここで注意したいことがあります。アパート経営やマンション経営に対しての経費について、税理士・会計士の人に相談する必要があるのです。不動産投資を始めたばかりという人は、このような経費のことに関してあまり詳しくないですよね。そのような自分だけの知識では経費計上ができるわけではないので、アパート経営やマンション経営の経費で認められるているものと、認められていないものがあるので、この違いを良く知っておく必要があるでしょう。
そこで賃貸経営をサポートをしてもらえる、税理士や会計士の方に相談するということになります。やはり、何事も1人では難しいですから、アパート経営での税金対策についてもサポートしてもらえる人が大事ですね。

▲ ページトップへ