一般のサラリーマンでも出来るの?
2017.06.28

ビル不動産投資というのは、マンションやアパートなどの「不動産」を購入することで、その入居者の家賃収入を得られる投資です。最近ではこの不動産投資を、普通のサラリーマンもやっている人が出てきているようです。理由としては、副業として安定した収入が得られるといったことや、節税対策にもなるからということがあります。ただし、もちろん知識がまったくゼロの人がこのようなことをしても失敗するので注意しましょう。最近は都内などで「不動産投資セミナー」なども開かれているので、本当にやってみたいという人はまずこういう所に行ってよく勉強しなければならないでしょう。
まず、アパート経営を含む不動産投資で失敗する人というのは、とにかく物件を売りたいと思っている不動産の営業マンの口車に乗せられて、悪い物件を購入してしまう人、利回りを一番に優先して物件を購入してしまう人です。このような失敗をしない方法としてもちろん一番大切なのが不動産投資に「勉強熱心」になるということです。
上記のような不動産投資セミナーや、ネットや書籍にある著名な専門家の方のコラムなどをよく読んで勉強しましょう。また、最も堅実な方法で始めるということも大事です。不動産投資のアパート経営というものは、昔なら土地ごと購入するので初期費用がかかるのでハードルが高いとされていました。それが最近になって金融緩和などによってそのハードルも下がってきたとされています。
しかし、一般のサラリーマンが最初に手を出すのはやはりリスクが高くなります。不動産投資の初心者は、最も堅実な方法で始めるということが大事ですから、最初はアパート経営よりも、1部屋ごとの区分マンションの投資がおすすめとされています。なぜ不動産投資の初心者に1部屋ごとの区分マンションの投資がおすすめなのかというと、まず少ない資金から開始できるということがあります。
区分マンションの価格は東京で中古なら1,000円~2,500万円程です。購入価格の10%の自己資金があればローンを使い不動産投資を開始することができます。アパートやマンションに投資する場合なら、首都圏アパートは平均で5,000万円以上であり、10%の資金となると500万円以上となり、初期費用が高くなります。借金をしてしまうことが不動産投資における最大のリスクとなっています。サラリーマンが不動産投資のために1億円も借りるようなことは普通ではないでしょう。区分マンションの投資なら多額のローンをする必要がないのでおすすめです。
また、アパートに比べて管理の手間がかからないのも区分マンション投資がおすすめな点です。このように、不動産投資の初心者は難しいアパート経営よりも区分マンションからスタートするのがおすすめになるでしょう。

▲ ページトップへ