アパート経営は会社選びが大事
2017.06.28

考える男性アパート経営やアパート投資というのは、アパートの経営者となって家賃収入を得ることができるという不動産投資のひとつです。昔ならアパート経営をするには土地ごと買わなければならないので高額な初期投資が必要で、敷居の高いものでしたが最近のアベノミクスのような規制緩和によってアパート経営もしやすくなってきました。しかし、なにも知らなかった人がすぐに始めて簡単にいくというようなものでは当然ありません。
まず、アパート経営を成功させるポイントとして、「信頼できる不動産会社を探す」ことが非常に大切になります。良い不動産会社というのは、そのエリアから広範囲なエリアに渡っての情報・トレンド・市場動向に詳しくて、良い物件も多く扱っている会社になります。不動産業界の情報というのは、移り変わりが激しい業界です。家賃の相場や地価価値等も刻々と変化しています。このような常に変動しているデータやトレンドに詳しいという不動産会社は、非常に頼りになるでしょう。
また、建物の保険・保証制度も充実している不動産会社がよいでしょう。アパート経営というのは長期間行うものです。このとき建物・家賃保証のない不動産会社を選ぶのは非常にリスクが高いことになります。物件を売りたいからさっさと売ってそれでおしまい、というような不動産会社は最悪のケースということを覚えておきましょう。アパート経営における不動産会社選びは、必ず保証制度がきちんとしている会社を選んでください。
優良な不動産会社では、「自分の欲しい物件を把握してくれる」「売主さんとよく交渉してくれる」「勝手な判断をせずに、こちらの条件に沿う物件を全て紹介してくれる」「連絡が取りやすいくてフットワークが軽い」といったことが判断基準になるでしょう。また、入居者を募集する能力が高いというのも、よい不動産会社のポイントです。アパート経営の根幹といえば当然入居者であり、入居者がいなければ赤字となってしまいます。入居者を募集するためには広告や同業者とのつながりを大切にしたりと、多大な努力が必要となり、このような努力を惜しまない不動産会社がよいでしょう。
最後に、当然ながら話していて安心できるというのが大きなポイントになります。こちらが家賃・契約内容等について相談した時、親切で丁寧なアドバイスをしてくれるかどうかも、優良な不動産会社の判断になるでしょう。いくら不動産会社として優秀なスキルを持っていたとしても、こちらが話しにくい相手ではどうしようもないですよね。このように、アパート経営を軌道に乗せるにはまず、信頼できる不動産会社選びが非常に重要ということを覚えておきましょう。

▲ ページトップへ